ホーム > 業務内容 > エコリフォーム

エコリフォーム

エコリフォーム

あなたのご自宅は冬場に家の外にいるより家の中にいた方が寒いなんてことはないでしょうか?それには理由があります・・・・・
たとえば天気が良くても光(熱)が入らない、隙間風・床下からの冷気が感じられるなどいろんな要素があります。
そのような悩み事を解消して快適にまた経済的に生活していただく、それが我が社が目指しお客様にお届けするエコリフォームです。

みんなが集まるリビング、お休みになられる寝室、夏の暑さがたまらない2Fの子供部屋、暑さ・寒さに対する不満…建物が古いからと諦めることは無いです。
数ある方法の中からあなたのご自宅に合う不満解決のご提案をお伝えいたします。

エコリフォーム事例

断熱

断熱
住宅の性能と気密性
住宅室内で言いますと床・壁・天井に断熱材(熱を逃がさない・熱を入れない)が入っています。
その断熱材にもいろんな種類があります。グラスウール・スタイロフォーム・吹付式断熱材…
まだまだ種類はあります。ただ用途や性能に応じて使い分けをしていきます。
吹付断熱材
吹付断熱材(スプレー作業中)
吹付断熱材
吹付断熱材(作業完了)
現場吹付作業を行いわずかな隙間にもよく充填され高気密・高断熱が実現できます

空間

室内
室内

重点的に行うのはみんなが集まる場所・・・それとも?
リフォームにおいて断熱工事を行う場合家全体を断熱した方が一番良い・・・ですが
費用的な問題やその部屋はあまり使わないのになどいろんな問題があります。
我が社はそんな悩みの応じて一部屋(よく使うお部屋)のみの断熱、また家族みんなが快適に過ごせるようにとお家全体の断熱両方のお悩み事に対応いたします。

熱源

蓄熱暖房暖吉くん
建物の性能を向上したら熱源も向上

冬の寒さを解消するには建物だけ性能向上しても熱が無ければ温まりません。快適な室内環境を実現するには効率の良い熱源も必要不可欠となります。

蓄熱暖房「暖吉くん」は火を使わなので安全。電気を使いますが夜間電力を利用する為ランニングコストも灯油窓と比べてもお得です。

床材(無垢材)

床材

床材(板張り)の種類の違いで床の表面温度も変わります。
床材は種類により性質・品質・肌触りが大きく異なります。
床材の板張りの種類もフロアー材(合板)無垢材(本物の木を使用した床材)大きく分けて2種類あります。
当然ながら無垢材(本物の木を使用した床材)の方が表面温度も冬場は暖かく質感・肌触り共に良いものです。

特徴 フロアー材(合板) 無垢材(本物の木を使用した床材)
メリット 材料代が無垢材と比べて安価である作業性が良い為工事期間が短縮される。 本の物の気を使っているので冬場でも木のぬくもりで暖かい肌触りも非常に良い。
デメリット 年数が経つにつれ10年~15年位で床がブカブカになったりする。
(特に水まわり部分がなりやすい)
杉・松・桧・その他木の材質により金額は違いがあります。一般的なフロアー材と比べるとコストは上がります。

窓Befor

窓After

寒さ・暑さを大きく左右するそれは窓
窓の性能の違いで暑さ寒さは大きく変化します。それなら全部壁にすれば?
ただそれでは室内に光を取り入れることができませんし風を取り入れる事もできません。
生活に必要な窓、なくすことは出来ないならば性能アップでエコで快適な生活を送りましょう。

変更内容 窓 Before 窓 After
ガラス 1枚ガラス 複層断熱ガラス
LOW-E反射フィルム入り
サッシ アルミサッシ 樹脂複合アルミサッシ
雨戸 4枚式 雨戸 電動シャッター

 

お問い合わせフリーダイヤル0120-930-187 お問い合わせ